IMG_0787.JPG

キエフにある大祖国博物館に行ってきたー〜キエフの学生との出会い〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はろー!つばさです。
今回はキエフの大祖国博物館に行った時のことを書きます!
大祖国博物館はウクライナが経験した目線から、第二次世界大戦を表現した博物館です。
展示の説明がほとんどウクライナ語かロシア語だったので、詳しくは内容がわからないんですが、今までに他の博物館や文献で見た内容から想像しながら理解したので、なかなか難しかったです。

いろんな博物館の展示物の説明を日本語で聞けるサービスとかあればいいのに・・・笑

ブログ村参加してます。クリックしてもらうと順位が上がる仕組みになってて、皆さんの応援のワンクリックが励みになります!
応援のワンクリックお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

僕らが泊まっている宿から博物館に向かうには、バスを使うのが1番楽だったので、バス停に向かいました。

向かう途中にあった教会
IMGP4064

中もめちゃくちゃ綺麗だった
IMGP4065

バス停でバスを待っていると、幼い子供たちが軍服を着ているバスが目の前を走ってきた。
あんな小さな子供まで戦争に参加する可能性があるのか?と思うと悲しくなる。
アジア人が珍しいのか好奇の目を僕たちに向けていたので、子供たちに手を振ったら、無邪気に手を振り返してくれました。
あんな子供たちまで・・・という思いが強くなりました。

IMGP4069

これをきっかけにウクライナの軍の制度について調べてみたんですが、ウクライナは2013年まで徴兵制を行っていたのですが、情勢が平和になってきたので廃止したようです。
が、ロシアのクリミア半島への侵攻をきっかけに徴兵制を再開。その影響が僕たちの目の前を通った子供たちのようです。
せっかく徴兵制撤廃までいったのに・・・子供のために徴兵制撤廃に向かって活動した人の気持ちを考えると苦しくなります。
参照記事→Wikipedia

子供たちのバスが行ってから少しすると、僕らが乗る予定の24番のバスがやってきました。

IMGP4072

バスに揺られること20分ほどで大祖国博物館のある場所に到着しました。
ここにはいろんな教会が隣接されていました。

IMGP4077

IMGP4080

教会を横眼に博物館の方へ向かって行くと、目の前に戦車が現れました。

戦車は完全に子供のおもちゃになっていた
IMGP4083

あゆみはトラックと記念撮影
IMGP4084

ベトナムの博物館で見た大砲を発見
IMGP4086

ウクライナもベトナムもソ連が味方していたので、武器が同じなのかもしれません。
大砲や戦車を見ながら歩いていくと、大きな像があって、そこが博物館のようでした。

IMGP4088

IMGP4090

IMGP4096

目印のめっちゃ大きい像
IMGP4106

IMGP4114

博物館の前には第二次世界大戦を戦った兵隊さん(たぶん)の像がありました。

IMGP4100

博物館の前にも戦車が置かれていて、そこもしっかり子供たちの遊び場になっていました。

ウクライナの国旗の色をした戦車
IMGP4108

IMGP4119

国旗の色の戦車が珍しかったので、乗って撮影しましたー

IMGP4116

あゆみは乗ろうとして滑り、諦めていました。笑
IMGP4117

IMG_0784.JPG

さぁいよいよ博物館の中に向かいます。
入場料は学生証を使って5フリブナー(30円くらい)でした。安い!!
入ってすぐのとこには、戦争中に使われていた服が置かれていました。

IMGP4121

展示室を見ていくと、まず最初に第二次世界大戦のきっかけとなったナチスドイツのポーランド侵略が表現されていました。

ヒトラーの写真
IMGP4128

IMGP4131

ヒムラーの写真
IMGP4130

おそらくヨーロッパを侵略するドイツを表したもの
IMGP4133

戦争で亡くなった人の写真
IMGP4142

戦争を戦っているところの壁画
IMGP4145

展示室を進んでいくと、アウシュヴィツ強制収容所の部屋がありました。
ウクライナのユダヤ人も収容されていたので、どこに行ったのかを表現したものでした。

IMGP4150

IMGP4147

IMGP4153

ユダヤ人のマーク
IMGP4152

アウシュヴィツ強制収容所にはもう行っていたので、その時のことを改めて思い出す機会になりました。
ちなみにアウシュヴィツ強制収容所に行った時の記事はこちら↓
アウシュヴィッツ強制収容所に行ってきた〜ナチスドイツが残したポーランドの負の遺産をこの目に〜【前編】
アウシュヴィッツ強制収容所に行ってきた〜ナチスドイツが残したポーランドの負の遺産をこの目に〜【後編】

その後の展示では、ソ連と共同戦線を組んでナチスに立ち向かい打ち勝ったことや、戦争中に物資をどのように戦場に送っていたかなどが表現されていました。

こんな子供も武器を持っている
IMGP4160

寝袋とパラシュートを使って支援物資を送っていたよう
IMGP4162

2階にも展示があって、そこにはナチスの旗や戦争を戦った時の壁がが置かれていました。

IMGP4173

IMGP4178

銃で作られた十字架
IMGP4181

この博物館は・・・というより僕らが海外で見た歴史博物館は展示方法に工夫をしているところがとても多く、文章を読まないでも伝わってくるものが、その場の空気感の中にあります。
戦争の悲惨さを後世に伝えようとする姿勢がとても良いなと思いました。

戦争を戦った人の写真の展示方法
IMGP4179

アウシュヴィツの部屋には有刺鉄線が
IMGP4159

僕たちは大祖国博物館に、ウクライナから見た第二次世界大戦を見ようという目的で行ってきたのですが、実際に行ってみるとその目的以上に僕らを驚かせる展示がされていました。
それは特別展示物として置かれていた、クリミア半島での戦争を撮影した写真です。
2014年、2015年と年号が書かれているその写真には信じられない光景が描かれていました。
展示物の中から抜粋してここにアップします。

IMGP4124

IMGP4166

IMGP4167

IMGP4169

戦争で戦っているところだけではなくこんな写真もありました。

IMGP4184

愛する人を戦場に送り出す女性。
戦場でペットボトルを持った子供。

この写真が2014~2015年に撮られたものだということが、僕たちにとって遠いものだと思っていた戦争をとても身近のものに感じさせ、今までとは少し違う感情を『戦争を二度と引き起こしてはいけない』という言葉に乗せることができるようにさせました。

僕たちがこの博物館を見学していた時に、地元の学生が社会科見学で博物館に来ていました。
この子たちも徴兵制によって訓練され、兵士として戦場に行く可能性があるんだ・・・と思うとなんとも言えない気持ちになります。
それに、生徒全員ではありませんが、展示物を見る子供の目や話を真剣に聞こうとする姿には必死さを感じました。

IMGP4137

僕たちが日本語で書かれた展示物を見ている時に、ある学生が『この展示物に何が書いているかわかりますか?』と質問してきました。

そこに描かれてた言葉はおよそこんな感じでした。

皇国万歳
至誠
会敵必殺


七世奉国

この言葉にはいろんな意味が込められているので、英語で伝えるのがとても難しかったのですが、2つ程伝えることができました。

そうすると、学生が『あなたは中国人ですか?』と聞いてきたので日本人であることを伝えると、急に大喜びしだし、『私日本のことが大好きです』と言ってきました。
そして、博物館を出たら一緒に写真を撮ってくださいと言ってきました。
僕らはもちろんOKして写真を撮りました。その時の写真がこれです。

IMGP4189

IMGP4188

IMG_0787.JPG

一緒に撮影したダナーやマキシムは日本がとても好きで、scandalという歌手が大好きらしいです。
すごくいい顔で、僕たちは将来絶対日本に行きたいと思っているんだと言ってくれました。

後日face bookを通して写真を交換すると、こんな風に編集して再度送り返してくれました。

12067826_1652016708417136_323585665_n

現在の日本が多くの国から好かれる国であることと、その大きなきっかけとなっている漫画文化・音楽文化に感謝です。

本日もご愛読ありがとうございました。
応援のワンクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

世界一周旅行を考えている方必見!!
世界中のラウンジが無料で使えるクレジットカード!!

ブログ更新情報のわかるFacebookページはコチラ
つばさ&あゆみの新婚旅行日記