P4089525

韓国と北朝鮮の軍事境界線(DMZ)に行ってきた〜韓国と北朝鮮のリアルな関係が見れた〜前編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハロー!つばさです。
今回のブログは韓国滞在中に、韓国と北朝鮮の軍事境界線(DMZ)ツアーに参加した時のことを書きます。
2017年4月8日に行ってきて、そこから北朝鮮の金日成の生誕祭とかミサイルの発射とかあったので、我ながらすごいタイミングに行ったなーとも思いますが、実際に行ってみることでいろんな話を聞くことができて、めちゃくちゃ貴重な体験になりました。
想像以上に記事時が長くなったので、前後編で公開します。

あと、ツアーガイドのイーさんは韓国人なんですが、日本語がめっちゃ堪能で、韓国と北朝鮮の事情に関してとても詳しく聞くことができました。
やはり、自分が理解し、話せる言語でガイドを受けることができるのはいいなーと思い、また、英語が堪能に話せるようになると、いろんな英語開催のツアーで詳しく話を聞けるようになるのがすごくメリットがあるなーと思いました。

ツアーガイドのリーさんと共に
P4089525

ブログ村参加してます。クリックしてもらうと順位が上がる仕組みになってて、皆さんの応援のワンクリックが励みになります!
応援のワンクリックお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今回僕らが参加したのが、韓国・北朝鮮の軍事境界線に行く半日ツアーでした。
本当は1日ツアーに参加したかったのですが、ツアー日の4日前に申し込みが必要で、参加することができませんでしたが、半日ツアーもかなりのボリュームで大満足でした。

ツアーの内容はこんな感じでした。

朝7時くらいに宿泊ホテルでピックアップ。

P4089345

ツアー客が全員集まってから大型バスに乗り換え。

P4089347

臨津閣(イムジンガク)公園を観光・DMZに入るためのチケット購入

P4089350

P4089351

橋を渡る際にパスポートチェックを韓国の軍人が行い、

南侵第3トンネル&DMZ映像館、展示館見学

P4089400

P4089401

P4089428

都羅(トラ)展望台(北朝鮮側を眺められる展望台)

P4089487

都羅(トラ)山駅見学(北朝鮮を抜け、中国やロシア、ヨーロッパへ延びる鉄道用の駅)

IMGP4195

都羅(トラ)山駅見学後に、ソウル市内に戻るという感じでした。
ソウルに戻ってきたのが14:30くらいだったので、移動時間も含め7時間ほどのツアーだったんですが、内容もりもりで、めちゃくちゃ楽しかったです。
景色を見ることには、慣れ・飽きによって興味は失われましたが、やはり国ごとで独自性がある歴史に関する施設やツアーはいつ行ってもいいなーと思いました。

DMZツアーでは、バスの中でガイドのイーさんから聞く話もかなり貴重でした。
韓国の徴兵制のことや、韓国が持っている歴史観について聞くことができたので、紹介します。

バスの中で僕らに説明してくれるイーさん
P4089349

まずは韓国と北朝鮮の徴兵制に関して、

韓国の若い人は21ヶ月間の徴兵期間があり、普通は高卒後、大学に行く人に関しては2年間大学に行き、その後2休学して兵役にいきます。兵役の前には身体検査があり、検査に受かった者のみが兵役につきます。
ワールドカップやオリンピックで活躍すると、兵役が免除されることもあるようです。
また兵役に関して話を聞いていて少し面白かったのは、体にタトゥーがある人が軍に入れないという点と、30歳を過ぎた者が兵役に志願してももう軍に入ることはできないという点です。

タトゥーが入っている→機密文書を中に持ち込むおそれがある
30歳を超えている→そんな年寄りは軍に必要ない
という理由のようです。

韓国では、兵役を終えることが社会に出る際の資格のようになっていて、兵役を終えないとバイトはあっても、企業に正社員として就職はできないです。
また、兵役に行かなかった場合は、兵役不履行で警察に逮捕されてしまいます。(実際に韓国国籍の有名人が芸能活動で兵役を断り続け、兵役を逃れるためにアメリカに逃亡したことで、韓国への入国禁止状態になっている事例もあります)
海外に住んでる韓国籍の人は基本的には兵役はないが、希望して帰国し軍に入ることはできます。(その際の航空券代は国が支給してくれる)
兵役は男だけで、女性の兵役はないのですが、職業軍人になる女性は多く、韓国の女性にとっては人気の職業のようです。

ちなみに、兵役中は月1万円くらいの給料が払われるようですが、兵役期間中の給与が少なすぎると問題視し、今回の大統領選で5万くらい出そうという動きもります。

兵役後はそのまま軍に残って、軍務に就くもの、就職する者、復学する者と様々で、基本的に1度兵役を行った者が再度召集されることはないです。

これに対して、北朝鮮では、18〜20歳で兵役に就くのですが、その期間がめちゃくちゃ長いです。

男は10年間の兵役が、女も7年間の兵役が課されます。

この兵役の話だけでも、現地に来た価値があるなーと感じました。
僕らはこの話を聞いて、韓国の経済発展はこの徴兵制がきっかけになっている可能性を考えました。

兵役を通して、同年代の仲間と深い絆と忍耐力を鍛え、その後復学、入社し数年後企業を支える年齢に達した際に多くの企業の決定権を持った人間は、兵役中に同じ釜の飯を食った仲間になるわけです。
この状況を作り出すことによって、企業間の利益のみを考えるのではなく、国としての視点や団結力が培われるのかなと思いました。

また、エチオピアで出会った韓国人のブンくんは、『フィリピンで友達が英会話学校を経営していたから、その友達にタダで学校に通わせてもらった』とか『サムスンで友達が働いてるからスマフォをもらった』とか『自転車で世界一周をすると言ったら、自転車を作っている会社に勤めている友達が自転車をくれた』と言ってて、こういう繋がりも兵役の中で生まれたのかなーと想像したりもしました。

北朝鮮の兵役に関しては単純に期間が長いと思いました。

男なら18~20歳から兵役につき、解放されるのが28〜30歳。
女なら18~20歳から兵役につき、解放されるのが25〜27歳。

農業を行っている家や、北朝鮮の企業(あればですが)などで働く予定の若い人材が兵役で長期間取られてしまうのはかなり大きいじゃないかなーとか、ケソン工業団地(韓国と北朝鮮が共同で運営していた工業団地。現在関係悪化により閉鎖中)で働いていた人はもしかしたら兵役中の人だったのかなとか、TVでたまに出てくる踊ってる女の子たちももしかしたら兵役中の女性軍人なのかなとかいろいろ考えちゃいました。

北朝鮮の兵役制度に関して、情報の正否ははっきりしませんが知れたことは貴重な体験でした。

次に韓国から見た世界と韓国の歴史に関して。

今から2000年ほど前に王様が現れ、国ができた。
その後時が経ち、1908年に日本の植民地となる。

韓国人の解釈として面白かったのは、アメリカが日本に原子力爆弾を落とした理由の部分でいた。

第二次世界大戦終盤。
アメリカとロシア(旧ソ連)は終戦後日本をロシアとアメリカで半分にするという意見を持っていたが、アメリカはそれを許さず、早期戦争終結に向けて日本に原子力爆弾を落とした。という解釈です。

結局原子力爆弾が落ちた後、ポツダム宣言の受諾までの間にロシアに少し攻め込まれ北方領土を取られたのですが、日本自体をドイツのように分断されなかったのは爆弾を落としたからだと認識しているようです。

1945年戦争終結後、韓国は日本から独立しましたが、独立したことはあんまり嬉いことではなかったようです。
というのも、独立後すぐに北緯38度の部分に線引きされ、北をロシアが、南をアメリカが統治することになり南北分断されてしまい、今まで普通に行き来していた場所が急に通れなくなってしまいました。
独立後大国の意見に左右されていましたが、1948年に現在の韓国(この際の政権は、傀儡政権(大国が作った操りやすい政権)だった)という国ができた。

戦後時、ロシアは朝鮮半島を半分にし北半分を手にしたのですが、本当は日本も半分もらうことを考えていたので、不満に思っていた。
そんな中、1950年1月にアメリカの国会議事堂でアメリカの国防長官が自国の強化を行うことを決定し、アジアの防衛は日本のみにし、韓国から撤退することを表明しました。

この表明により、韓国にいたアメリカ軍は日本もしくは母国に撤退してしまいました。
アメリカがいなくなったことを好機とし、この表明を韓国を占領してもアメリカは手を出してこないと解釈したロシアと北朝鮮は南を狙う為に戦争準備を行い、1950年6月に朝鮮戦争勃発。

1950年8月くらいには釜山以外の他の地域は全て、北朝鮮に制圧される。
が、当時日本の連合軍本部に駐在していたマッカーサー将軍が仁川上陸作戦を行うことを決定し、同年9月15日インチョン仁川上陸作戦を決行、大成功し、北朝鮮に大勝利という結果を残しました。
この機会を好機としたマッカーサーは今回の戦争で朝鮮半島から共産主義を追い出そうと目論み、同年11月圧倒的な戦力で北朝鮮を中国との国境まで追い込みましたが、共産主義の中国がロシアと北軍を助ける為に200万くらいの協力を北に送りこんだことにより戦況は変化していきました。
中国軍の圧倒的な人員で展開される人海戦術により、アメリカ軍はソウルまで逃げことになった。
ガイドさんはここの部分で、『この時にアメリカ軍がもっと頑張ってくれたら今のように半分に分かれることはなかったのに・・・』と言っていた。

攻め込まれたアメリカは、他国に協力を要請し連合軍を作り、北朝鮮と戦った。
1951年頃からずっと大きな争いがないまま、停滞していて停戦会談を行っていたが、各国の立場などがある為、停戦も休戦もできない状態になる。
そんな時にロシアのスターリンがなくなることで、停戦会談が進み、1953年7月21日に板門店(ハンモンテン)で休戦会談を行う。
この際に板門店(ハンモンテン)を中心に南北4km(北に2km,南に2km)の軍事境界線を作り。この区間のことを非武装地帯(DMZ)と呼んでいる。

軍事境界線を現した模型
IMGP4157

その後1998年野党から選出され、大統領となった金大中の時代から『サンシャインポリシー』(どれだけ固く凍っている氷(北朝鮮)でも、太陽(韓国)のように暖かい光を当て続ければいつか氷は溶けるだろう(いつか南北が分かり合え、南北統一できる日がくるだろう))という方針により、韓国が北朝鮮に対して歩み寄り、南北首脳会談を行ったり、DMZ付近の地域に人が住めるようになったり(現統一村)、ケソン工業団地(南北が初めて共同で運営した工業団地→現閉鎖)ができたりした。

韓国は今もまだまだ小さな国なので、周りの大国の影響(現在南北が揉めているのは、中国とアメリカの影響)を受けてしまうし、なおかつ大統領がまだ決まってないので、今もなかなか自国の国際力を持つのは難しい。と言っていた。

*ここに書いているのはガイドさんから聞いた情報なので、正否不明のものもあり。しっかり見たい人はWikiをどうぞ。→韓国歴史Wiki

こんな感じで、韓国の歴史や徴兵制などについて話を聞いていると、最初の見学地、臨津閣(イムジンガク)公園に到着しました。
臨津閣(イムジンガク)公園は、1971年に南北共同声明発表後に開発された韓国の代表的な統一観光地です。
ここには、戦後両国が捉えた捕虜を交換するために作られた木製の橋があった。

過去の木製の橋は現在は腐敗しているが、このツアーで後に行く都羅(トラ)山駅に向かう鉄道が走っている自由の橋や戦時中にはかしされた鉄橋を復元した施設、南北の平和を願って作った平和の鐘があった。

自由の橋
P4089366

戦時中の橋を復興したやつは観光地になっていた
P4089374

P4089380

この施設の前には戦時使われていた?列車が置かれていた
IMGP4137

IMGP4138

平和の鐘
P4089353

P4089354

その他、小型の自由の橋がありました。

P4089361

ここには、韓国の国旗や南北統一を祈願した千羽鶴が飾られていました。

IMGP4133

P4089369

また、ハガキが書けるとこもあったので、僕らも書いてみることにしました。

P4089386

P4089387

P4089388

臨津閣(イムジンガク)公園での滞在時間が短かったので、上には上がれませんでしたが、こんな施設もありました。

IMGP4129

臨津閣(イムジンガク)公園の後は、遂にDMZの方に進んでいきます。
橋を渡って進むのですが、ここでまたガイドさんが面白い話をしてくれました。
1971年の南北共同声明発表後に、DMZ付近の地域に移動する人を韓国政府は募っていて、その村の名前を統一村と言い、現在162世帯(一世帯に子供は一人まで補助されている)、453人がこの村に住んでいるようです。
統一村には国が移住を募った際に、国に認められた人だけが住むことができる場所で、移住の際にいろんな特典があったようです。

・10%の税免除
・兵役2年は免除
・土地代無料(農耕地)

かなりメリットがあるんですが、夜になる自由に動けなかったり、病気など緊急な時は軍に連絡をしなければいけなかったりと制約があったり、常に北朝鮮からの攻撃の恐怖がつきまとっているようです。
統一村に住んでいる人は、農産物(米・豆・高麗人参など)の販売を行っていて、世帯年収は7000万ウォン(日本円で700万円)と韓国の中で(日本でも)かなり高額の収入があるので、現在も移住したいと言う人もいるようですが、現在統一村に住んでいる人が引っ越すなどがない限り入ることはできないようです。

この統一村の前には川が流れているんですが、北から何が流れて来るかわからないので、美味しい鰻がいるが、食べることはできないうようで、北からのスパイに間違われるので川に入ることは認められていません。
ちなみに、この地域を含め、すべての開発された地域(畑も道路も施設も)は、40年前に韓国軍人が地雷を発見して開拓したようです。

こんな感じで、実際に行ってみないとわからないことを、このガイドさんはいろいろ教えてくれます。
さぁこれから、パスポート提示して、今回の観光予定地に向かいます。(DMZの付近の韓国が開発した地域)
いやー楽しみだ!

本日もご愛読ありがとうございました。
応援のワンクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




世界一周旅行を考えている方必見!!
世界中のラウンジが無料で使えるクレジットカード!!

ブログ更新情報のわかるFacebookページはコチラ
つばさ&あゆみの新婚旅行日記