カテゴリー別アーカイブ: ポーランド

ワルシャワからベルリンへ〜念願のベルリンの壁に行ってきた〜

はろー!つばさです。
今回はドイツのベルリンでベルリンの壁を見た日について書きます。
この旅で見たかった場所の1つなので、来れて嬉しかった!!

ワルシャワからベルリンへの移動と合わせてどうぞ!!

ブログ村参加してます。クリックしてもらうと順位が上がる仕組みになってて、皆さんの応援のワンクリックが励みになります!
応援のワンクリックお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

ワルシャワを23時発のバスを乗る予定なのですが、宿がチェックアウト後に滞在できそうもないところだったので、14時のチェックアウトと同時にバス停へ向かいました。

今回利用したバス停
IMGP4849

幸い、このバス停の中に待合室があって、しかもWiFiが使えたので出発時間までかなり快適に過ごすとばできました。

待合室
IMGP4851

近くのスーパーでビールを買って飲みました〜♪
IMGP4852

ビールを飲んだり、映画を見たりしていると出発時間になり、バスが来ました。

IMGP4853

バスは自由席だったので、適当に座りましたー!
あまり人が多くなかったので、最終的には1人二席使えてかなりしっかり寝れたのが良かった。

IMGP4855

IMGP4854

予定時間にベルリンに到着!ユーロ圏は国境で止まる必要がないので早くていいです♪

IMGP4857

今回ベルリンにはベルリンの壁を見るためだけに来たので、ベルリンの壁の近くに宿を取りました!
宿に向かうためにトラムへ!

IMGP4858

このトラムの中がすごくて、日曜日の朝にほとんど誰も乗っていませんでした。
後から知ったことですが、ドイツは日曜日にスーパーなどの店舗が仕事をすることを法律で禁止しているらしく、めっちゃ殺風景でした。

IMGP4862

今回の宿は『Sun Flower』ってとこです。
チェックイン時間が16時と遅めですが、無料でカバンを預かってくれるし、部屋もキッチンも綺麗でした!

宿外観
IMGP4863

キッチン
IMGP4864

キッチン横のスペース
IMGP4865

部屋
IMGP5016

廊下はおしゃれな落書き
IMGP5015

宿の待合室で少しゆっくりと過ごしてからいざベルリンの壁へ!!

途中にあった車の柄が面白かった
IMGP4870

途中で見えた綺麗な建物
IMGP4872

歩いて10分ぐらいでベルリンの壁が見えてきましたー!
いよいよです。

IMGP4875

IMGP4880

ベルリンの壁の僕らが行った側にはその当時のドイツがどのように支配されていたかが書かれていました。

IMGP4881

まず最初にベルリンの壁の真ん中に立ってみました!笑
IMGP4882

現在のベルリンの壁はすごい落書きがたくさんされていて、もうぐちゃぐちゃです。
でも、ペンキで描かれた絵の多くは何か伝わってくるものがあって、ついつい何度もシャッターを切っちゃいました。
ベルリンの壁に描かれている絵をどうぞ!今回は写真多めでお送りします!!

IMGP4884

IMGP4885

IMGP4886

IMGP4889

絵の中には当時東ドイツで使われていた信号機のロゴが描かれていました。
このマークは今人気が出てきてブランドになっているようです。あゆみはこのマークが気に入っているようで、同じポーズで写真を撮っていました。

IMGP4892

IMGP4893

IMGP4894

歩いているとベルリンの壁のお土産やさんがありました。
中ではベルリンの壁の石も売られていましたが、本物かどうかは疑わしいところです。笑

IMGP4891

ここからもまだまだ多くの絵が続きます。

IMGP4897

IMGP4898

IMGP4900

IMGP4902

IMGP4903

ここで、ようやくベルリンの壁に描かれていることで有名なこの絵のところにたどり着きました。

おっさんのキスシーン
IMGP4904

有名らしいので、ここで一緒に写真を撮り、真似してみました。

IMGP4914

IMG_0841.JPG

おっさんのキスシーンのあともまだまだ絵が続きます。

IMGP4917

IMGP4915

あゆみがお気に入りのタッチの絵
IMGP4934

IMGP4936

IMGP4938

IMGP4940

IMGP4942

日本をモチーフにした絵もありましたが、落書きだらけでした。
IMGP4949

ベルリンの壁の上部から希望の虹が出ている絵
IMGP4956

IMGP4959

IMGP4962

無数の手形がつけられた絵
IMGP4968

有名な?車が壁をぶち破る絵は結構小さかった
IMGP4970

シュールのタッチ
IMGP4972

怨念?が描かれた絵
IMGP4975

金持ちの象徴のような絵の鼻はもちろん$
IMGP4980

IMGP4981

ベルリンの壁が出来てから壊れるまでの年表
IMGP4982

ベルリンの壁が壊れた年とライオン
IMGP4984

ベルリンの壁はここまでだったので、最後にベルリンの壁の真ん中で撮影。

IMGP4986

実際にベルリンの壁に行ってみての感想。
壁が結構高いなーって感じました。別のブログで意外に壁は小さかったってのを見ていたのでもっと小さいのを想像していたからかもしれません。
あと、ベルリンの壁が二重になっていたことを知りませんでした。2つ壁が並んでたのを見てびっくりです。

IMGP4920

これは昔ベルリンの壁が壊れる前からあったのかは謎ですが、扉があったのに驚きました。
誰も通れないようにしている壁のイメージだったので、本当に意外でした。

IMGP4922

今は南京錠に愛を誓ったものがたくさん付けられていました。
IMGP4924

実際に現場に行ったからこそわかることがたくさんあるので、来てよかったなーと思うと同時に、これから数年後に行くとこの落書きが増えてまた違った感じに見えるんだろーなと思いました。
歴史を感じるものを見に行くのは本当にいいですなー笑

ベルリンに来た目的を達成したので、近くのお店で買い出しをして宿に戻りました。
ドイツと言えばソーセージということで、ソーセージを大量買いしました。
ドイツには白ソーセージというのがあって、レモン風味が少し口の中で広がるとても美味しいソーセージでした!!

IMGP4999

これ日本で食べたらめっちゃ高いんやろーなとか言いながらたくさん食べました。
やっぱり、原産地で食べるのが一番!!旅に出て強く思うことです。
そして、日本のお金を出せば形の良い食べ物がなんでも手に入る感がすごいなーって海外に出てから思います。

ちなみにインターネットで調べたところ、この白ソーセージは正しい食べ方があるようで、僕らも試してみました。

まずは、ソーセージを沸騰させたお湯で20分ほど温めて(火は消しておく)
そのソーセージの背の部分にフォークを刺し、ナイフで切れ目をつけ、ソーセージの皮を取ります。

IMGP5006

IMGP5007

皮を全部剥がしたら完成!!
これをマスタードにつけて食べるのが正しい食べ方らしいです。

IMGP5010

食べてみた結果・・・・普通に焼いた方が美味しい!!
皮の噛みごたえがなくなって微妙・・・結局綺麗に剥がした皮もソーセージと一緒に口の中に放り込みました。
最終的に、湯がいて焼くという工程で作ったソーセージが一番美味しいことがわかったので、そのソーセージの美味しさをあゆみが表現しました。笑

IMGP5023

IMGP5024

IMGP5026

IMGP5034

IMGP5028

ソーセージに合うビールはもちろん完備です笑

IMGP5019

本日もご愛読ありがとうございました。
応援のワンクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

世界一周旅行を考えている方必見!!
世界中のラウンジが無料で使えるクレジットカード!!

ブログ更新情報のわかるFacebookページはコチラ
つばさ&あゆみの新婚旅行日記