シェムリアップの学校でボランティア

カンボジアのシェムリアップにあるアンコールツリースクールで日本語を教えるボランティア大募集!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!つばさです。
ソクホンと話をして、1人でも多くシェムリアップに日本語を教えにきてほしいとの要望を聞いたので、今回少しでも力になれればと思い、この記事で募集します。興味のある方や質問がある方はtu83_116@yahoo.co.jpまでご連絡下さい。

【2016年10月現在、学校移転につきボランティアが受け入れできない状況です。学校移転に少しでも興味のある方は下記サイトを御覧ください】

シェムリアップのアンコールツリースクールが移転するのでご支援お願いします。

→2016年12月。新しい校舎が完成したのでボランティアの受け入れを再開しました。
15227866_135538630261440_1012496605_n

シェムリアップの学校でボランティア

アンコールツリースクールを作ったソクホンがどんな思いで学校を作ったかをインタビューしました。

日本語で話してくれた

英語で話してくれた

アンコールツリースクールの歴史を動画にまとめました!!是非ご覧ください!!↓

【こんな方にオススメ】

・海外でボランティアをしてみたい!!って方!
・子どもが好き〜!って方!
・将来学校の先生になりたい!って方
・コストを安くして、外国で滞在したい!!って方
・英語を学びたい〜!って方
・海外で現地の人と関わりたい!って方
・大学生の間になにかしたい!!って方
・現地に1週間以上滞在できる!!って方

1つでも当てはまれば、ボランティアに来てみる価値ありです♪

【アンコールツリースクールについて】
今回ボランティアを行うのは、カンボジア・シェムリアップにあるアンコールツリースクールです。
この学校はソクホンが個人で運営していて、生徒からも全くお金をもらっていないフリースクールです。ソクホンは月〜金曜日は学校で先生をして、土曜日・日曜日に働いてなんとか運営している状態です。
『子どもの将来を良くしたい』この想い1つでずっと頑張っています。

【ソクホンの想い】

シェムリアップの学校でボランティア
隙間時間をみつけて日本語を勉強するソクホン

ソクホンが学校を作ろうと思ったのは、幼少期の体験やソクホン自身が子どもの時にこんな環境が欲しかったと感じた『想い』から生まれています。
幼少期のソクホンは、5人兄弟で暮らしていました。ある時、妹が怪我をして病気になってしまい治療すれば治せたのに、家族がとても貧乏でお金がなく治療を受けられない状態で、その結果妹は亡くなってしまいました。また、お金がないことで学校に行けず勉強ができない状態でした。この時に『お金がなくても勉強できる学校があればいいな』『給料の良い仕事について家族を支えられるようになりたいな』って想いが生まれました。

だから、現在フリースクールを運営していると話してくれました。カンボジアでは観光業が盛んで、日本語や英語が話せるツアーガイド(1日の給料が日本語が話せるガイド40$、英語ガイド20$)と警察官(1ヵ月90$)・教師(1ヵ月70$)の給料に大きな開きがあります。
『小さい頃から言語をしっかり学んで、良い仕事に就いて家族を守って欲しい』と考えたこと、ソクホン自身言語に興味があったことで語学を教えるようになりました。
日本語の勉強方法は凄くて、アンコールワットに来た日本人観光客に『日本語を教えて下さい!』って声をかけたり、日本語学校で使う教科書を買って独学したりといろんな方法を駆使して日本語を学んでいます。

しかし、日本人と触れ合う機会が少なくなってくると日本語を忘れてしまったり、まだまだ勉強中なので、細かいところが教えられないので困っているとのことです。
ソクホンは僕らがボランティアに行った時本当に喜んでいて、『なぜか?』と聞くと『日本人のボランティアが1年以上来てなくて、来てくれて本当に嬉しいです』と。また、『子ども達の為にもっと日本人に来て欲しい、子ども達に日本語を教えて欲しい』と熱い想いを伝えてくれました。

だから、僕らで協力がしたいと思い、この記事を作りました。

【アンコールツリースクールの現状】
幸いな事に、このページから多くの方に現地でボランティアを行って頂きました。
ボランティアの方がたくさん来てくれるので、ようやくソクホンにも時間の余裕ができ子どもの学習環境を考える時間がしっかりと取れるようになったようです。ボランティアに参加して下さった方、これから参加しようと思っている方本当にありがとうございます。

現在アンコールツリースクールでは、子どもの学習環境を良くする為に教育改革を行っております。
・教室を1つ増築する。
→今までは2つの教室を使っていたのですが、1つの部屋で3つのクラスが一緒に勉強していたので、クラス1つに1つの教室を目標にしています。(できました)
・ボランティアの受け入れ(先生として)を1週間以上滞在できる方のみにする
→今まで1日のみの方もボランティア受け入れを行っていましたが、先生が日々変わってしまう事からの子どもへの影響を考えて1週間からの受け入れに変更します。(休み時間に子どもと遊ぶだけ、もしくは授業のアシスタントをするだけなら1日からでも可。)

以上
現地から届いた変更点です。

【ボランティアのスケジュール】*2016/1/16更新(時間に細かい変更があるかもしれません)
月〜金 学校で教える

7:30 〜 朝ご飯

8:00 〜 10:00 英語の授業(英語が苦手な場合はABCなどを教える方に)

シェムリアップの学校でボランティア

シェムリアップの学校でボランティア

10:00 〜 11:00 日本語初級クラス(あいうえおやカタカナを教えます)

10643436_1999954240145290_1555646510_n

11:00 〜 14:00 お昼休憩(近くのプール付きカフェでゆっくり(インターネット使えます)。昼食は各自準備していただきます。)

シェムリアップの学校でボランティア

14:00 〜16:00 英語の授業(英語が苦手な場合はABCなどを教える方に)

シェムリアップの学校でボランティア

シェムリアップの学校でボランティア

*英語の授業には途中で休憩が入ります。

シェムリアップの学校でボランティア

シェムリアップの学校でボランティア

シェムリアップの学校でボランティア

16:00 〜 17:00 日本語の授業

シェムリアップの学校でボランティア

シェムリアップの学校でボランティア

シェムリアップの学校でボランティア

17:00 〜 18:00 英語のハイクラス(生徒と一緒に授業を受けて勉強することも可能です)

シェムリアップの学校でボランティア

18:00 〜 20:00 休憩
20:00 〜 ソクホン宅で晩ご飯

日によって変更はありますが、だいたいこのようなスケジュールです。

土日 自由

*金曜日には、生徒全員から感謝の言葉を述べられます。

シェムリアップの学校でボランティア

*授業の終わりには猛烈なハグタイムがあります。(かなり可愛いです)

*僕らの滞在中にもシンガポール人が3人、スイス人が1人、カナダ人が2人、アメリカ人が2人とたくさんの外人がボランティアに来ます。
夕食や土日のフリータイムを一緒にすることもあるので、英語力のアップにも最適です。

シェムリアップの学校でボランティア

シェムリアップの学校でボランティア

【教える内容】
日本語教室で使っている本をソクホンが持っているので、それをベースに進めていきます。前日にソクホンとどう進めるか話をして翌日の内容を決めます。

授業の流れ(1例)
1.教える内容をホワイトボードに書く
2.書いた内容がしっかり書けてるか確認する
3.ホワイトボードに書いてある文章を読む→生徒復唱

【費用】
1泊1人10$(村の宿・朝夕食付き)
*町のホテルでの宿泊を希望の方はソクホン校長と相談してください。

【学校への支援について】
アンコールツリースクールの活動に興味があるけど、実際現地にいって活動をするのは難しいと言う方へ
アンコールツリースクールへ物資の支援して頂けませんか?
鉛筆やノートなどの文房具から子供用の服までいろんな物が足りていません。
物資の支援をして頂ける方は、下記の住所まで国際便での発送をお願い致します。

アンコールツリースクール支援送付先の住所はコチラ↓
Behind Wat Enkousei Temple
Trang Village,Slorkram Commune, Siem Reap-Angkor City
Cambodia.

【連絡先】
tu83_116@yahoo.co.jp (担当:いのうえ)
問い合わせフォーム完成しました。
*現在世界一周中の為、ネット環境が確保できずすぐに返信できない場合もあります。その際は申し訳ありません。

【地図】

アンコールツリースクールの地図

【連絡後の流れ】

1.細かいスケジュールや質問事項を確認・解答(tu83_116@yahoo.co.jp)
2.学校・ソクホンの家の地図とソクホンの連絡先を紹介(ソクホンとのやり取りは英語です)
3.現地でボランティアスタート(現地で協力してくれるスタッフがいる時は、学校の場所まで案内できるかもです)

カンボジアに滞在している日本人やこれから海外でボランティアをしたいって考えてる方!!是非ソクホンの学校で日本語を教えてあげて下さい。お願いします。

【注意】
アンコールツリースクールでのボランティアはあくまでも現地の子ども達の学習の為の活動です。
子ども達に与える影響があまり良くないと判断した場合ボランティアの受け入れをお断りする事もあるので、ご了承下さい。
また、学校でボランティアを行う際は、ソクホンの村に宿泊して頂きます。
よろしくお願いします。

アンコールツリースクールでのボランティアまだまだ募集中です!!
ご興味のある方はコチラを↓↓

シェムリアップのアンコールツリースクールで日本語を教えるボランティア大募集!!

アンコールツリースクールで勉強している子ども達の夢はコチラ↓

アンコールツリースクールで勉強する子どもに夢を聞いてみた

今までの体験談はコチラ↓↓

将来は教師!!教師の卵しゅん君が行ったボランティア体験
マレーシアで出逢い、アンコールツリースクールの話を伝えた翌日にはカンボジアへ!?行動力MAXのよんじゃさん
私カンボジアLOVEなんです!!カンボジアが大好きなパワフルガール鮫島さん
1人でカンボジアへボランティアへ!!将来は教育者の石渡くん
7ヶ月後にまたカンボジアに行きます!!カンボジアLOVEな飛永さん
運命を感じてボランティアに行きました!偶然見つけた友達の体験談を見ていくことを決めたかりきたさん
カンボジアの日本語学校に女1人でボランティアに行ってきました♪
ローカル体験を求めてカンボジアへ!!しっかりと楽しめた10日間
なぜ教師になりたいと思ったの??答えを見つけにカンボジアへ!!
カンボジアの学校でボランティア〜大学生の挑戦〜
子供が大好き!!松本さんのアンコールツリースクール体験談

本日もご愛読ありがとうございました。
応援のワンクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村